スタッド100で早漏防止!

スタッド100とは、局部麻酔剤が配合された早漏防止スプレーです。
スタッド100の主成分のリドカインは、局部麻酔成分であり、ペニスの感覚を鈍くし、挿入から射精までの時間を長くする効果が期待できます。
ここでは、どのようにスタッド100で早漏防止するのかについて、ご紹介します。

スタッド100は、7.5㎝の金と白のスプレー缶入りで、外見では早漏防止スプレーであることはわかりません。
コンパクトなので手軽に持ち運ぶことができ、いつでもどこでも簡単に使用することができます。
液体は無色無臭で、潤滑成分も含まれているので、潤いを補うというメリットもあります。

スタッド100は、性行為の15分くらい前に、3回以上10回未満を目安にして、ペニスの特に一番敏感な亀頭部分を中心に、スプレーしてください。
5分~10分くらいで、ペニス全体の感覚が鈍くなってきます。
10回以上スプレーしてしまうと、ご自分の感覚が薄れてしまい楽しめなくなりますので、スプレーする量については注意が必要です。

服用するタイプの早漏防止剤は、副作用があって苦手といった方も少なくありません。
外用のスタット100であれば、適量を簡単にご自分で調整することができ、副作用の心配もありません。

リドスプレーの副作用

リドスプレーはリドカインという成分を主成分に配合してスプレーにした医薬品で、ED治療に多大な効果をもたらします。
早漏防止スプレーとしても効果があります。
使い方としては性行為の二十分前前後くらいに男性の性機能の部分にスプレーしていきます。
スプレーをした直後から効果がではじめるので、人気は高いです。
洗い流したとしても1時間から2時間ほど効果が持続しますので、効き目は長めでパニックにならずにすむことで利便性は高いです。

リドスプレーには安全性が高いと言われ、通常使っている限りでは問題は報告されていません。
なのでどなたでも使うことができます。

なのでリドスプレーの副作用としてあげられる症状は現在のところ存在しないといえますが、注意事項はあります。
リドスプレーを付けすぎた場合においては性機能の感覚が鈍化し、性機能が一時的に低下する可能性があります。
リドカインは主に局所麻酔に使用される成分なので、麻酔薬のようなものともいえます。
なので多量の使用は影響がでる可能性はないとはいえません。
適量をスプレーしていくことで防ぐことは可能です。
いわゆるオーラスセックスの際には口などにしびれを覚えることがありますので注意します。
皮膚が過敏な場合にはかゆみや炎症などの症状が出る可能性があるため、症状が出た場合には治るまでは利用しないこととされます。